保育園の経営者による開業と集客のノウハウ

高見澤俊と申します。

このたび、「保育園業務・集客完全マニュアル」という起業マニュアルを作成いたしました。

待機児童は増えるばかりで、待機児童解消政策も効果が出るまでには、まだまだ時間がかかるでしょう。

現政権の政策では、民間の小規模保育園に助成金が流れる可能性が高く、その意味でも今後成長が望まれる分野です。

更に、今後は少子高齢化対策が少しずつ効いてくることでしょう。

したがって、待機児童問題は、今後ますます社会問題として深刻になるものと見ております。

しかし、いざ保育園を開園するとなると、ご存知の通り、創業コンサルティングはかなりの高額です。

ここで多くの方は躊躇してしまい、なかなか参入できない状況があります。

コンサルティング料で自己資金のすべてが消えた、という話もよくあります。

またコンサルティングをしてもらったけれど、アフターケアはしてもらえなかったということもあります。

以上のようなことを背景に、本マニュアルは起業しようとする方に勇気を与えるものと確信しております。

実際に6年間保育園を経営している私が、開業と集客のノウハウをすべて注ぎ込んだ起業マニュアル書になっております。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓




一般のコンサルティング会社さんにとっては、ある程度脅威となることは承知の上ですが、書面で伝わることはなるべく書面で、実地でご指導申し上げることは実地で、というようにコンサルティングを細分化、体系化することで、かなり安く請け負うことができます。

保育園ビジネスは、数年の努力が生涯にわたる資産を作り上げることができます。

自治体の助成金を得るためのマニュアルになっており、助成金を受けたら経営が立ち行かなくなることはまずありません。

助成金頼みの業種は多々ありますが、個人が参入でき、しかも助成金を受けやすい業種として、この保育園ビジネスに勝るものはないと思っております。

一度助成金を受けると、経営はかなり安定し、2園目を目指すこともできます。

本起業マニュアルは保育園ビジネスを知らない方々、あるいは全く興味のなかった方々も一読していただければ、その魅力を十分知ってもらえるものと思っています。

待機児童解消へ向けて一助になってほしいと考えております。

保育園開業・集客完全マニュアル




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。