手っ取り早く簡単に会社の利益を上げる方法とは

あなたはこれをご存知ですか?
利益に結びつく「攻め」のコスト大幅削減マニュアル

パナソニック(旧松下電器)の創始者である松下幸之助氏が、「不況心得十訓」というものを提唱しています。

1.不況といい好況といい人間が作り出したものである。人間それをなくせないはずはない。

2.不況は贅肉を取るための注射である。今より健康になるための薬であるからいたずらにおびえてはならない。

3.不況は物の価値を知るための得難い経験である。

4.不況の時こそ会社発展の千載一遇の好機である。商売は考え方一つ、やり方一つでどうにでもなるものだ。

5.かつてない困難、かつてない不況からは、かつてない革新が生まれる。それは技術における革新、製品開発、販売、宣伝、営業における革新である。そして、かつてない革新からはかつてない飛躍が生まれる。

6.不況、難局こそ何が正しいかを考える好機である。不況の時こそ事を起こすべし。

7.不況の時は素直な心で、お互い不信感を持たず、対処すべき正しい道を求めることである。そのためには一人一人の良心を涵養しなければならない。

8.不況のときは何が正しいか考え、訴え、改革せよ。

9.不景気になると商品が吟味され、経営が吟味され、経営者が吟味されて、そして事が決せられる。従って非常にいい経営者のもとに人が育っている会社は好況のときは勿論、不況の時にはさらに伸びる。

10.不景気になっても志さえしっかりと持っておれば、それは人を育てさらに経営の体質を強化する絶好のチャンスである。

ビジネスをしている以上、「不況」は必ず訪れます。要は、そのとらえ方なのです。

「不況」をいい機会に、一度じっくり会社全体を見直してみてください。そうすれば、きっと色々な『ムダ』が見えてきます。

そう、まさに『不況は贅肉を取るための注射である。今より健康になるための薬であるからいたずらにおびえてはならない。』のです。

100年に1度の不況の今だからこそ、会社を見直すチャンスです。それが『コスト削減』です。

正しい考え方や手法で取り組まれた『コスト削減』は、必ず生産性を高め、利益に結びつきます。
利益に結びつく「攻め」のコスト大幅削減マニュアル

※この『コスト削減』こそ、最も手っ取り早く簡単に会社の利益を上げる方法なのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。