銀行融資のコツとは

売上が減ってしまうと、たちまち資金繰りに不安が出てきます。何か手を打たないといけません。

売上を上げる努力、経費を下げる努力が必須になってくるでしょう。しかし、もっと大事なことは、「資金繰り」です。



あなたは今、下記のような悩みがありますか?

・資金繰りが苦しい。
・現状では借入返済の見通しが無い。
・追加融資を断られてしまった。

・最近、資金繰りのことでストレスがすごい。
・銀行担当者に事業計画書の提出を求められた。
・金融機関に経営改善計画を作ってくださいと言われた。

・最近、金融機関の担当者の対応が厳しくなってきている。
・金融機関からコンサルタントを紹介しますと言われた。
・金融機関へ借入金の返済延長をしようと思っている。

・2期連続赤字になっている(なりそうだ)。
・不動産時価以上の借入れがある。
・不渡りを出しそうな状況である。

・顧問税理士に相談しても反応が無い。
・売上が前年割れを続けている。
・市場が縮小し、売上も年々減少してきている。

・5年後の自社の存続イメージがしにくい。
・人件費など固定費が下がらない。
・税金や社会保険料、リース料が滞っている。

・経営に不安がある。
・経営やお金の相談をできる相手がいない。
・経営幹部に危機感が無い。

・自分が連帯保証人になっている。
・知人に連帯保証人になってもらっている。

また、次のような疑問をかかえていませんか?

・開業前、または開業直後のお金の借入はどうすればいいの?
・設立したての会社は、融資を受けることは可能なの?

・日本政策金融公庫(旧、国民金融公庫)での融資は難しいの?
・日本政策金融公庫で融資を受けるためのコツってあるの?

・銀行や信用金庫の融資はどういった手順ですればいいの?
・銀行や信用金庫の融資を受けるためのポイントって何?

・赤字でも借入することができるの?
・既に保証協会で融資を受けているが、追加融資は可能なの?

・各金融機関との有効な交渉術って?
・各金融機関との正しい付き合い方はどうすればいいの?
・各金融機関の審査基準とはどんな基準なの?

もし、上記項目に1つでも当てはまるのであれば、コチラを参考にしてください。
【経営危機を救う!】社長のための融資・資金調達実践マニュアル

ここで、あなたにお尋ねします。

・あなたの会社の資金状態は正常ですか?
・あなたの周りには、融資の力になってくれる人がいますか?
・あなたの会社の顧問税理士は、融資にお強いですか?

『基本的なこと』、つまり『ちょっとしたコツ』を知っていれば、

▼ 銀行融資を受けることは難しくありません。
▼ 融資に関わる時間を大幅に削減できることができます。
▼ 融資担当者とも交渉をよりスムーズに進めることができます。

しかしながら、開業前・開業直後のみならず、中小零細企業の経営者の多くが、銀行や日本政策金融公庫(旧国金)の融資の『コツ』を知らないのです。

その結果、融資を受けることができない、非効率で効果の無い無駄な対応をされているのです。

重要なので繰り返しますが、

『融資を受けることはそれほど難しいことではありません。』
『融資は一人でも十分に対応できるものです。』

もし融資をしなければいけない状況であれば、今の時代の流れを考えると、1日でも早く実行に移すことが、この先を生き残れる上でのポイントになります。

それでもあなたは現状のままでいいですか?

現在は、中小零細企業を襲う未曾有の不況下であり経済危機でもあります。

この先、どんなことが起こるかわかりません。ですから、「早めの準備」が必要になってくるのです。

「まだ大丈夫」と考えるのは、よく現状を把握してからにしてください。
【経営危機を救う!】社長のための融資・資金調達実践マニュアル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。