手っ取り早く簡単に会社の利益を上げる方法とは

あなたはこれをご存知ですか?
利益に結びつく「攻め」のコスト大幅削減マニュアル

パナソニック(旧松下電器)の創始者である松下幸之助氏が、「不況心得十訓」というものを提唱しています。

1.不況といい好況といい人間が作り出したものである。人間それをなくせないはずはない。

2.不況は贅肉を取るための注射である。今より健康になるための薬であるからいたずらにおびえてはならない。

3.不況は物の価値を知るための得難い経験である。

4.不況の時こそ会社発展の千載一遇の好機である。商売は考え方一つ、やり方一つでどうにでもなるものだ。

5.かつてない困難、かつてない不況からは、かつてない革新が生まれる。それは技術における革新、製品開発、販売、宣伝、営業における革新である。そして、かつてない革新からはかつてない飛躍が生まれる。

6.不況、難局こそ何が正しいかを考える好機である。不況の時こそ事を起こすべし。

7.不況の時は素直な心で、お互い不信感を持たず、対処すべき正しい道を求めることである。そのためには一人一人の良心を涵養しなければならない。

8.不況のときは何が正しいか考え、訴え、改革せよ。

9.不景気になると商品が吟味され、経営が吟味され、経営者が吟味されて、そして事が決せられる。従って非常にいい経営者のもとに人が育っている会社は好況のときは勿論、不況の時にはさらに伸びる。

10.不景気になっても志さえしっかりと持っておれば、それは人を育てさらに経営の体質を強化する絶好のチャンスである。

ビジネスをしている以上、「不況」は必ず訪れます。要は、そのとらえ方なのです。

「不況」をいい機会に、一度じっくり会社全体を見直してみてください。そうすれば、きっと色々な『ムダ』が見えてきます。

そう、まさに『不況は贅肉を取るための注射である。今より健康になるための薬であるからいたずらにおびえてはならない。』のです。

100年に1度の不況の今だからこそ、会社を見直すチャンスです。それが『コスト削減』です。

正しい考え方や手法で取り組まれた『コスト削減』は、必ず生産性を高め、利益に結びつきます。
利益に結びつく「攻め」のコスト大幅削減マニュアル

※この『コスト削減』こそ、最も手っ取り早く簡単に会社の利益を上げる方法なのです。

銀行融資のコツとは

売上が減ってしまうと、たちまち資金繰りに不安が出てきます。何か手を打たないといけません。

売上を上げる努力、経費を下げる努力が必須になってくるでしょう。しかし、もっと大事なことは、「資金繰り」です。



あなたは今、下記のような悩みがありますか?

・資金繰りが苦しい。
・現状では借入返済の見通しが無い。
・追加融資を断られてしまった。

・最近、資金繰りのことでストレスがすごい。
・銀行担当者に事業計画書の提出を求められた。
・金融機関に経営改善計画を作ってくださいと言われた。

・最近、金融機関の担当者の対応が厳しくなってきている。
・金融機関からコンサルタントを紹介しますと言われた。
・金融機関へ借入金の返済延長をしようと思っている。

・2期連続赤字になっている(なりそうだ)。
・不動産時価以上の借入れがある。
・不渡りを出しそうな状況である。

・顧問税理士に相談しても反応が無い。
・売上が前年割れを続けている。
・市場が縮小し、売上も年々減少してきている。

・5年後の自社の存続イメージがしにくい。
・人件費など固定費が下がらない。
・税金や社会保険料、リース料が滞っている。

・経営に不安がある。
・経営やお金の相談をできる相手がいない。
・経営幹部に危機感が無い。

・自分が連帯保証人になっている。
・知人に連帯保証人になってもらっている。

また、次のような疑問をかかえていませんか?

・開業前、または開業直後のお金の借入はどうすればいいの?
・設立したての会社は、融資を受けることは可能なの?

・日本政策金融公庫(旧、国民金融公庫)での融資は難しいの?
・日本政策金融公庫で融資を受けるためのコツってあるの?

・銀行や信用金庫の融資はどういった手順ですればいいの?
・銀行や信用金庫の融資を受けるためのポイントって何?

・赤字でも借入することができるの?
・既に保証協会で融資を受けているが、追加融資は可能なの?

・各金融機関との有効な交渉術って?
・各金融機関との正しい付き合い方はどうすればいいの?
・各金融機関の審査基準とはどんな基準なの?

もし、上記項目に1つでも当てはまるのであれば、コチラを参考にしてください。
【経営危機を救う!】社長のための融資・資金調達実践マニュアル

ここで、あなたにお尋ねします。

・あなたの会社の資金状態は正常ですか?
・あなたの周りには、融資の力になってくれる人がいますか?
・あなたの会社の顧問税理士は、融資にお強いですか?

『基本的なこと』、つまり『ちょっとしたコツ』を知っていれば、

▼ 銀行融資を受けることは難しくありません。
▼ 融資に関わる時間を大幅に削減できることができます。
▼ 融資担当者とも交渉をよりスムーズに進めることができます。

しかしながら、開業前・開業直後のみならず、中小零細企業の経営者の多くが、銀行や日本政策金融公庫(旧国金)の融資の『コツ』を知らないのです。

その結果、融資を受けることができない、非効率で効果の無い無駄な対応をされているのです。

重要なので繰り返しますが、

『融資を受けることはそれほど難しいことではありません。』
『融資は一人でも十分に対応できるものです。』

もし融資をしなければいけない状況であれば、今の時代の流れを考えると、1日でも早く実行に移すことが、この先を生き残れる上でのポイントになります。

それでもあなたは現状のままでいいですか?

現在は、中小零細企業を襲う未曾有の不況下であり経済危機でもあります。

この先、どんなことが起こるかわかりません。ですから、「早めの準備」が必要になってくるのです。

「まだ大丈夫」と考えるのは、よく現状を把握してからにしてください。
【経営危機を救う!】社長のための融資・資金調達実践マニュアル
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。